サステナビリティ

サステナビリティ基本方針

AHCグループは、『人を想う』というグループ共通理念の下、多様な価値観を認め合い、すべての人が自分らしく活躍できる社会の実現を目指しております。
この実現に向け、関わり合うすべての人が希望にあふれる未来を創造できるよう社会福祉を中心に事業活動を行い、ご利用者様、株主様、お取引先様、従業員、地域社会等すべてのステークホルダーとの良好な関係を築き、中長期的な企業価値の向上に努めることで、持続可能で豊かな社会づくりに貢献してまいります。

サステナビリティ推進体制

「サステナビリティ基本方針」に基づき、サステナビリティ向上のための取り組みを推進するため、サステナビリティ担当役員を選任し、各部門横断的な組織サステナビリティ委員会を設置しています。
主な活動内容は、サステナビリティ方針やマテリアリティ(重要課題)を選定、課題解決に向けた目標設定、戦略、進捗管理及び情報開示等を審議し、定期的に取締役会に報告します。

サステナビリティ推進体制

マテリアリティの特定プロセス

STEP1
SDGsのターゲットや他ガイドラインの評価項目を踏まえ検討すべき社会課題を把握
STEP2
当社グループの共通理念やVision・Missionと社会が求める期待や要請を整理、抽出
STEP3
抽出した項目に対して「ステークホルダーからの重要度(期待・要請)」と「当社事業から見た重要度」の2軸により総合的に評価、優先順位付け
STEP4
優先順位付けされた項目を社内各部門を交えた議論を経て、取締役会により「マテリアリティ」を決定

マテリアリティ(重要課題)

マテリアリティ(重要課題) 取り組みテーマ SDGsへの貢献
■環境負荷の低減
  • 省エネルギー製品の導入
  • 食材の有効活用
  • エネルギーをみんなにそしてクリーンに
  • 住み続けられるまちづくりを
  • つくる責任つかう責任
■健康的な生活環境の提供
  • 生活レベルの維持・向上を促す施設の提供
  • 障害者・高齢者に配慮した福祉サービスの提供
  • すべての人に健康と福祉を
  • 質の高い教育をみんなに
  • 住み続けられるまちづくりを
■働きがいのある職場の提供
  • 柔軟で安全・安心な労働環境の促進
  • 質の高い教育をみんなに
  • ジェンダー平等を実現しよう
  • 働きがいも経済成長も
■質の高い教育の場の提供
  • 利用者の療育活動や障害学習活動機会の提供
  • 従業員への教育機会の創出
  • 質の高い教育をみんなに
■差別の無い公平な社会の実現
  • ダイバーシティ&インクルージョンの推進
  • あらゆる形態の暴力・虐待の排除
  • ジェンダー平等を実現しよう
  • 人や国の不平等をなくそう
  • 平和と公正をすべての人に
■ガバナンス体制の強化
  • 持続可能な経営基盤構築の推進
  • 産業と技術革新の基盤をつくろう
  • 平和と公正をすべての人に