IR情報

Corporate Governanceコーポレート・ガバナンス

コーポレート・ガバナンスの状況

当社の企業統治の体制は、取締役会・監査役会を基本としております。取締役会は社外取締役を含む構成で、十分な議論を尽くして意思決定を行っております。監査役会は社外監査役で構成されており、内部監査室との連携により、内部管理体制の適正性を監視・検証しております。また、業務執行の迅速化を図るために執行役員制度を導入しており、執行役員は代表取締役の指揮命令のもと、取締役会で決定された業務を遂行しております。
当社が本体制を採用する理由としましては、経営環境の変化に的確に対応すると共に、継続的に健全性を確保し、企業価値を高めてゆくためには、経営における透明性の向上、経営責任の明確化、迅速な意思決定と経営監視機能を強化することが必須であると考えているためです。
また、当社グループの事業活動の大半が、各種規制に基づいた福祉・介護事業であることから、コーポレート・ガバナンスの充実とコンプライアンスの強化が最重要であるとの認識に基づき、各種対策を実施しております。

コーポレート・ガバナンス体制図

コーポレート・ガバナンス報告書

当社は東京証券取引所に「コーポレート・ガバナンスに関する報告書」を提出しております。